産業用エコめがね全量買取用

電気の流れが
「見える」から
安心!
スマートフォン
でも見やすい!
「産業用エコめがね」は、全量買取向け太陽光発電に導入できる遠隔監視サービスです。
オーナーさま、販売会社さま、エコめがねを提供しているNTTスマイルエナジーの三者で、発電状況を見守ります。
遠隔地にある産業用太陽光発電設備でも、パソコンやタブレット、スマートフォンなどのさまざまな機器から、
いつでもどこでも、電力状況をチェックすることができ、トラブルの早期発見や発電低下による売電ロスの軽減をサポートします。

特長

01

安定稼働を支え、
売電ロスを最小限に。

オーナーさま、販売会社さま、エコめがねを提供しているNTTスマイルエナジーの三者で太陽光発電を見守るので、発電低下や発電停止を見逃すことがありません。わかりやすいグラフやアラートメールで発電状況をお知らせするので、初めて太陽光発電を導入される方や、パソコンやデジタル機器が得意ではない方にも安心して使っていただけます。

エコグラフ

見守りレポート

02

設備に合わせて選べる
豊富なラインナップ。

エコめがねはどのメーカーのソーラーパネルでも導入していただけます。汎用性の高い「CT計測タイプ」から、精度の高い「RS485通信タイプ」まで幅広い商品ラインナップが特徴です。通信機器や3G回線利用料込みのパッケージ商品もご用意しているので、固定回線の敷設が困難な場所への導入もご相談ください。

03

長期保証や
手厚いサポート。

利用期間中の機器保証をご用意。故障した際には無償修理または代替品とお取替えします。エコめがねを提供しているNTTスマイルエナジーは、NTT西日本とオムロンの合弁企業。導入や工事対応のサポートだけでなく、10年、20年の長きにわたって親身にサポートできる体制が整っています。
※ 機器保証の詳細は保証規定をご確認ください。

機能

  • 01アラートメール

    毎日、発電停止・通信停止等が無かったかをチェックし、異常・エラーを検知した場合は当日中にメールでお知らせします。発電量低下があった月にもメールでお知らせします。売電ロスを最小限に抑え、トラブルの早期発見をサポートします。

    • ・発電停止(毎日チェック)
    • ・パワコン停止(毎日チェック) ※パワコン接続タイプの商品のみ
    • ・通信停止(毎日チェック)
    • ・発電量低下(毎月チェック)
  • 02発電量・売電金額グラフ&メール通知

    「1時間ごと」「1日ごと」に、お客さまの太陽光発電がどれくらいの発電量(kWh)・売電金額を生み出したかがひと目でわかるグラフ表示。メールで発電量や売電量をお知らせする機能もあるので(要設定)、ログインせずに発電状況を確認することもできます。

  • 03出力制御ユニット機能<RSのみ>

    出力制御対応が必要な太陽光発電設備の場合は、通常、出力制御対応パワーコンディショナー+出力制御ユニット+通信回線の3つが必要ですが、「エコめがね全量モバイルパックRS<パワコン接続タイプ>」なら、遠隔監視に加えて出力制御ユニットの役割も果たすので、別途出力制御ユニットを購入する必要がありません。
    ※対応パワーコンディショナーは一部型式のみとなります。対応型式についての詳細はPCS出力制御対応機器一覧をご参照ください。

  • 04発電状況簡易診断

    人工衛星で観測された日射量データと、お客さまの太陽光発電システムの種類や容量、設置角度や方角などの情報をもとに、1カ月間の発電量の期待値を算出し、実際の発電実績と比べることで、太陽光発電の稼働状態を判断します。

  • 05複数の発電所の一元管理

    離れた地域にある複数の発電設備でも、ソーラーパネルやパワーコンディショナーが異なる設備でも、エコめがねの機種が異なる設備でも、ひとつのユーザーIDに登録して一元管理することが可能です。ログインすると、設備の一覧表示から各設備の詳細情報を閲覧することができます。

  • 06CSVデータダウンロード

    発電量や売電量をCSVでダウンロードすることが可能です。表計算ソフトで分析や管理がしやすく便利です。発電量や売電量の記録や、報告書類の作成にも役立ちます。

  • 07出力制御通信サポート<オプション>

    他メーカー製品の出力制御ユニットと電力会社サーバーとの通信をサポートします。
    ※パワーコンディショナーとエコめがねの組み合わせによってはご利用いただけません。対象機器はこちらをご覧ください。

  • 08遠隔カメラ画像取得サポート<オプション>

    IPカメラで撮影した画像を取得するための通信をサポートします。
    ※ご使用いただけるIPカメラについてはこちらをご覧ください。