出力制御について

出力制御とは?

「出力制御」とは、電力会社から発電設備に対し、パワコンからの出力を停止または減らすよう要請して、発電設備からの出力をコントロールすることです。
出力制御の対象設備は、出力制御対応機器設置などの必要があります。

参考記事:
太陽光発電の出力制御まとめ
今さら聞けない「出力制御」〜なぜ出力制御が必要なのか?〜

出力制御対応パワーコンディショナ機種一覧(2020年11月時点)

以下の製品は、エコめがねの遠隔監視機能に加え、対応するパワーコンディショナの出力制御ユニットとして機能します。

○オムロン製単相パワーコンディショナの場合
・全量モバイルパックRS<パワコン接続タイプ>
・余剰RS3G回線セット<パワコン接続タイプ>※2020年7月末をもって販売終了しております。
・余剰RS固定回線用<パワコン接続タイプ>

オムロン製・新電元製三相パワーコンディショナの場合
・全量モバイルパックRS<パワコン接続タイプ>

○パナソニック製単相パワーコンディショナの場合
・全量モバイルパックPS<パワコン接続タイプ>


対応可能なパワーコンディショナの機種をご紹介します。

オムロン製単相パワーコンディショナ

シリーズ 形式
KP□K2 KP30K2-A , KP40K2-A , KP55K2-A , KP40K2-P-A , KP55K2-P-A
KP□M ※1 KP44M2 , KP55M2 , KP44M2-J4 , KP55M2-J4
KP44M2-PJ4 , KP55M2-PJ4 , KP44M2-SJ4 , KP55M2-SJ4
KP44M-A , KP55M-A , KP44M-J4-A , KP55M-J4-A , KP44M-PJ4-A , KP55M-PJ4-A , KP44M-SJ4 , KP55M-SJ4
KP□R KP48R-J3-A , KP59R-J4-A
KPR-A□ KPR-A48-J4 , KPR-A56-J4
KPV-A□ ※2 KPV-A55-J4 , KPV-A55-SJ4
KPW-A□ KPW-A48-J4 , KPW-A55-J4 , KPW-A55-SJ4
KPK-A□ KPK-A40 , KPK-A55
KPW-A□-2 KPW-A55-2PJ4 , KPW-A55-2J4 , KPW-A55-2SPJ4 , KPW-A55-2SJ4

※1.KP□M**KCシリーズは対象外になります。
※2.KPVシリーズは全量エコめがねのみの対応となります。
※出力制御対応パワーコンディショナは、末尾に「-A」 のある形式となります。(KP□M-SJ4、KP□M2 については、型式末尾に「-A」 がないものも出力制御に対応しています)

オムロン製三相パワーコンディショナ

シリーズ 形式
KPT-A□ KPT-A99 , KPT-A99-E , KPT-A100 , KPT-A100-E , KPT-A123 , KPT-A123-E , KPT-A123-1 , KPT-A123-E-1

新電元製三相パワーコンディショナ

シリーズ 備考
PVS9R9T200B□□ 製造番号B□−□−100001以降
PVS010T200B□□ 製造番号A□−□−100001以降
PVS012T200B□□
PVS9R9T200C□□ 製造番号E□-□010001以降
PVS010T200C□□ 製造番号F□-□010001以降

パナソニック製単相パワーコンディショナ

単相Panasonic製のみ対応します。
詳しくは、メーカーWEBサイトをご確認ください。

出力制御ユニット型式

出力制御対象の発電設備は、設置予定、または設置済みの出力制御ユニットのメーカー名・型式の届出が必要となる場合があります。
・全量モバイルパックRS<パワコン接続タイプ>、余剰RS3G回線セット<パワコン接続タイプ>、余剰RS4G回線セット<パワコン接続タイプ>、余剰RS固定回線用<パワコン接続タイプ>を導入された場合は以下のようにご記入ください。
※余剰RS3G回線セット<パワコン接続タイプ>は、2020年7月末をもって販売終了しております。

全量モバイルパックRS<パワコン接続タイプ>

NTTスマイルエナジー製 KP-MU1F-NE

全量モバイルパックPS<パワコン接続タイプ>

パナソニック社製 VBPW276

余剰RS3G回線セット<パワコン接続タイプ>※、余剰RS4G回線セット<パワコン接続タイプ>、余剰RS固定回線用<パワコン接続タイプ>

NTTスマイルエナジー製 KP-MU1S-M-NE

※余剰RS3G回線セット<パワコン接続タイプ>は、2020年7月末をもって販売終了しております。

出力制御設定手順

出力制御に対応するためには、対象となる発電事業者様の設備に対し出力制御設定を行う必要があります。
施工・取扱説明書の手順を参考に設定を行って下さい。

・全量モバイルパックRS <パワコン接続タイプ>の出力制御設定手順は全量モバイルパックRS<パワコン接続タイプ>施工・取扱説明書 に記載しています。

・全量モバイルパックPS <パワコン接続タイプ>の出力制御設定手順については、当社までお問い合わせください。

・余剰RS固定回線用<パワコン接続タイプ>ならびに余剰RS3G回線セット<パワコン接続タイプ>の出力制御設定手順は、【RS余剰・3G回線セット/4G回線セット/固定回線用】施工・取扱説明書に記載しています。

ご利用の商品にあった説明書をダウンロードいただき設定してください。

計測ユニット用ソフトウェア(出力制御対応)

出力制御設定を行うためには、計測ユニットのソフトウェア更新が必要となる場合がございます。

エコめがねRS(全量/余剰)ご利用の場合 

通常は施工後、自動的に出力制御対応ソフトウェアへの更新が実施されますが、手動にてソフトウェア更新が必要な場合は、当ソフトウェアをダウンロードし、USBメモリに格納することで現地に持参いただくことが可能です。

詳しくは対象商品の施工・取扱説明書をご確認ください。

エコめがね全量モバイルパックPSご利用の場合

エコめがね全量モバイルパックPS内蔵の電力検出ユニットはパナソニック社製となり、出力制御設定のご不明点につきましては、製造メーカー様(パナソニック社)が指定する「ご販売店様・サービスマン専用発電所ID設定マニュアル」をご参照ください。



施工後、ソフトウェア更新が完了しているかを確認するには、エコめがねサービスヘルプデスクへ連絡してください。

計測ユニットのソフトウェアライセンス情報

モバイルパックRSで使用されているEIGセンサーは、一部にGNU General Public License (GPL)にもとづきライセンスされるソフトウェアを使用しております。